2022年度はまぎんキッズ・サイエンストークイベントvol.10「火星の月をめざす~フォボス・サンプルリターン計画~」

この宇宙の片隅に 館長による宇宙コラム
稲作日記
過去の配信動画はこちら
  • YouTube動画 はまぎん こども宇宙科学館から配信中!
  • 【公式】はまぎん こども宇宙科学館

イベントカレンダー

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
  • 休館日
  • 休館日
くわしく検索

次回休館日

  • 10月
  • 4日、18日
  • 11月
  • 1日、15日
  • 当日参加できるイベント・教室
  • 申込受付中の イベント
団体でのご利用
フロアガイド
洋光台サイエンスクラブ 新規登録・ログインはこちら

科学なんでも質問箱



地球に月があるように、火星にも月があるのを知っていますか?

火星の月は2つあり、そのうちの1つがフォボスです。実はいま、はやぶさ・はやぶさ2の技術や経験をさらに発展させ、フォボスのかけらを持ち帰るサンプルリターン計画(火星衛星探査計画「MMX(Martian Moons eXploration)」)が進行中です。2024年に探査機を打ち上げ、2029年の帰還を目指しています。フォボスを調べることにはどのような意味があり、私たちにどのような発見をもたらしてくれるのでしょう?新たなサンプルリターン計画の全体像について、どこよりも早くお届けします!


ポイント

①火星衛星探査計画(MMX)のプロジェクトメンバーによる講演!
②家族でおうちから参加できる!
③参加方法は2つ!

 【Zoom参加】 直接講師に質問ができます!配信の最後にZoom参加者限定で、おたのしみ交流タイムも!!

 (洋光台サイエンスクラブ会員対象。 会員登録について詳しくはこちら>)

 【YouTube参加】 視聴のみをご希望の方はこちらがオススメ!
 (どなたでも参加可)

 


次回の配信情報

第3回 10月8日(土)
誕生の秘密 火星の月・地球の月

   

お話のポイント
 ・地球の月はどうやってできたか
・フォボスが火星の月になるまで
・MMXがフォボス誕生の謎を解く


●講 師:玄田 英典 先生(東京工業大学 地球生命研究所 教授)


■時 間:15:30~16:30(延長する場合あり)
■対 象:どなたでも


 


今後の配信情報

第4回 10月22日(土)
日本が始める火星衛星の探査 MMXのすべて

   

お話のポイント
 ・「はやぶさ」計画をさらなる高みへ
・フォボスへ探査機をなぜ送るのか
・ミッションのあらすじとテクノロジー


●講 師:川勝 康弘 先生
(JAXA宇宙科学研究所 教授・火星衛星探査機プロジェクトチーム プロジェクトマネージャ)


■時 間:15:30~16:30(延長する場合あり)
■対 象:どなたでも


 


第5回 11月12日(土)
サンプルを取る方法と地球出発前の事前準備

   

お話のポイント
 ・どうやってフォボスのサンプルを取るか
・打ち上げより前に地球で行うテスト
・サンプルを地球に持ち帰るための工夫


●講 師:馬場 満久 先生
(JAXA 研究開発部門 研究開発員・火星衛星探査機プロジェクトチーム 研究開発員)


■時 間:15:30~16:30(延長する場合あり)
■対 象:どなたでも


 


第6回 11月26日(土)
国際協力プロジェクトの進め方 チームを一つの力に

   

お話のポイント
 ・ミッションの国際的な価値
・予定通りに仕事を進めるために
・いろいろな仲間の力で目標を遂げる


●講 師:峰松 拓毅 先生
(JAXA 国際宇宙探査センター 火星衛星探査機プロジェクトチーム 主任研究開発員)


■時 間:15:30~16:30(延長する場合あり)
■対 象:どなたでも