イベント

この宇宙の片隅に 館長による宇宙コラム
稲作日記
過去の配信動画はこちら
  • YouTube動画 はまぎん こども宇宙科学館から配信中!
  • 【公式】はまぎん こども宇宙科学館

イベントカレンダー

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
  • 休館日
  • 休館日
くわしく検索

次回休館日

  • 5月
  • 7日、21日
  • 6月
  • 4日、18日
  • 当日参加できるイベント・教室
  • 申込受付中の イベント
団体でのご利用
フロアガイド
洋光台サイエンスクラブ 新規登録・ログインはこちら

科学館オリジナル商品を販売中! オンラインショップはこちら

科学なんでも質問箱

はまぎんキッズ・サイエンストークイベントvol.11「求む!月惑星探査船乗組員!」 第3回

イベント情報

第3回 7月16日(日)
生命をはぐくむ惑星って?地球と火星のおなじとちがい

   

お話のポイント

地球のおとなりの赤い惑星、火星。今日も火星では、探査車が地面を走り回り、周回機が地表のようすを観察しています。その結果わかったのは、大昔の火星は、地球と同じように温暖で、海や川があった”水の惑星”だったということです。しかし、今の火星は寒冷な”砂漠の惑星”になっています。なぜ火星は”水の惑星”から”砂漠の惑星”になったのでしょうか?かつての火星に、生命は誕生したのでしょうか?そして、今でも生命はいるのでしょうか?人類が火星に移住する可能性、テラフォーミングの可能性はあるのでしょうか?火星から見えてくる、我々の地球がそなえた”生命をはぐくむ惑星”の条件について一緒に考えたいと思います。


●講 師:関根 康人 先生
(東京工業大学地球生命研究所 教授/所長)


■時 間:15:30~16:40(延長する場合あり)
■会 場:1Fプラネタリウム(YouTube同時配信)
■対 象:小学1年生~中学3年生
 ※小学生は保護者1名以上の同伴が必要
■申込締切:6月30日(金)


▼YouTube視聴はこちらから

 



主 催:横浜銀行、横浜市こども青少年局、はまぎん こども宇宙科学館

開催日
2023年7月16日(日)
開催時間
15:30~16:40(延長する場合あり)
場所
プラネタリウム
対象
小学1年生~大人(親子参加)
定員
250名
参加費
無料 ※会場参加の場合は入館料別途

※1回の申込で4名まで申込可。
※このイベントはお子様と保護者の方でご参加いただくイベントです。大人の方のみでのご参加はできません。
※当日、YouTubeで同時配信を行います。科学館公式YouTubeチャンネルよりご参加ください。(質問やコメントにはお答えできません。)
※YouTube配信は講師の講演からとなるため、15:45~行います。(予定)
※見学付き添い不可



申込は終了しました。

おすすめのイベント