第4期ボランティア募集のお知らせ

はまぎん こども宇宙科学館では、地域生涯学習拠点として、自ら学び、その成果を科学館での教育普及活動に生かしてくださるボランティアスタッフを募集します。

年間1,000回を超える教室を開催し、日本一をめざし新しいことに挑戦し続ける科学館で、一緒に活動してみませんか?

 

応募締切:2019年1月31日(木)必着

第4期ボランティア募集要項チラシ


的川館長による宇宙コラム『この宇宙の片隅に』連載スタート!

はまぎん こども宇宙科学館の的川館長によるコラム『この宇宙の片隅に』の連載を科学館公式サイト上で公開開始しました!
宇宙や天文現象などに関する話題のニュースをわかりやすく、やさしく、ほぼ週刊でご紹介しています。ぜひ的川館長ならではの解説をご覧ください。


五角形パズル常設展示のご案内

はまぎん こども宇宙科学館では、2018年7月21日(土)~9月2日(日)に開催していた4F「五角形パズル」の期間限定展示が好評だったため、2018年11月1日(木)より常設展示として公開します。
この五角形パズルは1種類の五角形を隙間なく敷き詰められる“テセレーション”パズルとよばれるものです。
このパズルの五角形のように、隙間なく敷き詰められる五角形は、現在までに15種類(15ファミリー)知られています。
このような五角形が15種類だけなのかは確定していないので、新たに見つかる可能性もあります。この機会に、“敷き詰められる五角形”の不思議を体験してみてはいかがでしょうか。

*同形・同サイズの1種類だけでテセレーションを作ることができる凸五角形の場合。

 

展示開始日:2018年11月1日(木)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テセレーションとは…
隙間や重なりがないようにある形を敷き詰めたものを「テセレーション」といいます。
合同な1種類の形で平面を敷き詰めることができる正多角形は、正三角形、正方形、正六角形の3つのみであると、2,500年以上前にピタゴラスらによって証明されました。
2020年度より実施される小学校学習指導要領の算数では、「図形」に関する項目の中で、平面を敷き詰めることの理解や、敷き詰めてできた模様の観察、平面図形の広がりや図形の美しさを感得するような学習内容が全学年で示されています。
“テセレーション”パズルで遊ぶ経験は、この指導要領の趣旨に沿うものであり、子どもたちの図形に対する感覚を大いに養うことが期待されます。

 

  • 洋光台サイエンスクラブ
  • ロボット&プログラミング教室
  • 本日参加できるイベント
  • 科学工作教室よみきかせ
  • 星空観察会やトークイベント
  • 当日チケット制イベント
  • 企画展

宇宙劇場(プラネタリウム)

2018年12月
4日、18日、29日、30日、31日
2019年1月
1日、8日、9日、15日

« 2018年12月 »
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5
休館日
プラネタリウム休み
本日
【開館時間】

9:30~17:00 ※入館は16:00まで

【入館料】

大人 400円(360円)
小・中学生 200円(160円)

※( )は30名以上の団体料金です
※宇宙劇場は別途入場料がかかります

その他料金についてはこちら

フロアガイド

  • 宇宙船長室
  • 宇宙発見室
  • 宇宙トレーニング室
  • 宇宙研究室
  • 宇宙劇場
  • 宇宙劇場/特別展示室
  • 休憩室
  • 宇宙工房

ページトップ