プラネタリウム リニューアルオープン

この宇宙の片隅に 館長による宇宙コラム
稲作日記
過去の配信動画はこちら
  • YouTube動画 はまぎん こども宇宙科学館から配信中!
  • 【公式】はまぎん こども宇宙科学館

イベントカレンダー

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
  • 休館日
  • 休館日
くわしく検索

次回休館日

  • 2月
  • 7日、21日
  • 3月
  • 7日、22日
  • 当日参加できるイベント・教室
  • 申込受付中の イベント
団体でのご利用
フロアガイド
洋光台サイエンスクラブ 新規登録・ログインはこちら

科学館オリジナル商品を販売中! オンラインショップはこちら

科学なんでも質問箱



12月1日(木)~リニューアルオープン!

2022年10月1日から、2ヶ月間におよぶプラネタリウム休場を経て、12月1日(木)よりリニューアルオープンします。世界最多の星を映せる新投影機「MEGASTAR-ⅡA」の導入により、新しくなった当館のプラネタリウムをぜひこの機会にご覧ください。

投影スケジュールはこちら

 


新しい投影機の素敵な愛称を募集!



このたび、皆様に親しみをもっていただき、より一層星空の魅力をたくさんの人に伝えるため、呼びやすい愛称を募集します。

<応募方法>
プラネタリウムをご観覧後、プラネタリウム出口付近にある愛称募集箱に応募用紙を投函してください。

<募集期間>
2022年12月1日(木)~2023年3月31日(金)まで


<愛称発表>
発表日:2023年5月5日(金・祝)
発表方法:館内掲示、科学館公式HP、科学館公式Twitterなどでお知らせします。

<応募条件>
選ばれた愛称は当館の広報活動で広く使用します。愛称に関する一切の権限ははまぎん こども宇宙科学館に属するものとします。

 

クリスマスとお正月はプラネタリウム無料!



プラネタリウムリニューアルオープンを記念して、クリスマスとお正月はプラネタリウムを無料でご観覧できます!是非この機会に世界一のプラネタリウムをご体験ください。4日間の投影はすべて最新型プラネタリウムをお楽しみいただく生解説番組となっております。

<無料投影日>
2022年12月24日(土)、12月25日(日)
2023年1月2日(月・祝)、1月3日(火)

<参加方法>
1Fチケット売場で入館券購入時に、希望の回のプラネタリウム無料入場券をお受け取り下さい。(配布は各回投影開始時間まで)。

【無料投影】2022年12月24日(土)、25日(日)
2023年1月2日(月・祝)、3日(火)

※入館料は別途かかります。当日、先着順となります。

【注意事項】
※各回の座席数は265席です。
※開館と同時に、その日投影を行うすべての回のプラネタリウム入場券の配付を開始します。各回定員に達した時点で配付終了です。
※入場券の取り置き、およびキャンセル待ちはできません。
※プラネタリウム入場券発行には、入館券が必要です。代表者が複数枚受け取ることは可能ですが、購入いただいた入館券を超える枚数は発行できませんのでご了承ください。
※上記4日間の投影はすべて最新型プラネタリウムをお楽しみいただく生解説番組です。アニメーション番組の投影はございませんのでご注意ください。

無料投影

10:00
生解説
11:15
生解説
12:30
生解説
13:45
生解説
15:00
生解説
16:00
生解説


新投影機「MEGASTAR-ⅡA」について

ココがスゴい!
世界一のMEGASTARの本当のスゴさは“見えない”!?

本当は目には見えない星がたくさんある
双眼鏡を持ってきても、望遠鏡を使ってもムリ!?最新スマホの2億画素カメラでも写せない本当の星空と同じだからゼッタイに見えないような星まである。これがほんとうのリアル。





▼最新メガスターIIAでは“ギガマスク”により、世界最多の微光星を再現することが可能になりました。


   

開発者:大平 貴之(プラネタリウムクリエーター) 

 横浜市都筑区にある世界一小さなプラネタリウムメーカー大平技研の代表取締役。直径500m級の巨大ドームでも投影できる新型プラネタリウムを開発して、 2019年に西武ドームで史上最大のプラネタリウムを実現した。最新のメガスターIIAでは世界一たくさんの星を映し出すことに挑戦!信条は「人間は可能は証明できるが不可能は証明できない」。