この宇宙の片隅に―館長による宇宙コラム―

2019年4月の記事

この宇宙の片隅に(18)

2019年4月26日(金)

「はやぶさ2」人工クレーターを確認──直径10m以上! 【世界初の小惑星の人工クレーターを確認】  「はやぶさ2」チームは、さる4月25日、小惑星リュウグウに銅の塊を衝突させた地点を上空から観測し、人工クレーターができていることを確認しました(図1左)。小惑星でのクレーター形成に成功したのは世界初。  「はやぶさ2」が上空約1.7kmまで近づき撮影した画像と、先月イン…

続きを読む

この宇宙の片隅に(17)

2019年4月23日(火)

ブラックホールが「見える」ようになった!  光すらのみ込んでしまう巨大ブラックホールを、日本・アメリカ・ヨーロッパの科学者たちの国際チームが、撮影しました。電波による観測なので、ブラックホールが人間の目で直接見えているわけではありませんが、コンピューターによる画像処理によって、「電波が見える生き物ならこのように見える」という姿が、史上初めてお目見えしました。  図1の明るいドーナッツ状の光に囲…

続きを読む

この宇宙の片隅に(16)

2019年4月11日(木)

【リュウグウに人工クレーター】──「はやぶさ2」の衝突実験成功  さる4月5日、「はやぶさ2」(図1:新イラスト)は、小惑星リュウグウの内部を調べるため、人工のクレーターをつくる世界初のミッションに挑み、成功しました。  この日午前11時前、高度500mで金属の塊を発射する「インパクタ」と呼ばれる装置を切り離しました(図2左)。その40分後、インパクタは爆発し、小惑星の…

続きを読む

この宇宙の片隅に(15)

2019年4月1日(月)

 「はやぶさ2」が、来る4月5日、二度目のクライマックスのオペレーションに挑みます。小惑星リュウグウに衝突装置を投下して人工クレーターを作る実験をするのです。その日を楽しみにしながら、今回はそのオペレーションをあらためてまとめておきましょう。 【クレーターを作る場所】  「はやぶさ2」が小惑星リュウグウに人工クレーターを作る領域は、2月22日に行われた第1回タッチダウンの着陸地点から東に経度で…

続きを読む

ページトップ