この宇宙の片隅に―館長による宇宙コラム―

2019年3月の記事

この宇宙の片隅に(14)

2019年3月27日(水)

 「はやぶさ2」に関連して、嬉しいニュースがいくつか舞い込んできました。 【小惑星「リュウグウ」に水の存在を確認】  「はやぶさ2」が探査を続けている小惑星リュウグウについて、JAXA(宇宙航空研究開発機構)と東京大学、名古屋大学、会津大学などで作る研究チームは、これまでの赤外線観測の結果、岩石に取り込まれた形で水が存在することを確認したと発表しました。岩石の中に水の成…

続きを読む

この宇宙の片隅に(13)

2019年3月18日(月)

【「はやぶさ2」、ついにリュウグウのサンプルをゲット!】  さる2月22日、「はやぶさ2」は、小惑星リュウグウからのサンプル採取に挑み、見事なオペレーションで完璧な着陸を成し遂げました。そして初代「はやぶさ」に次ぐ、世界で2番目の小惑星着陸・離陸を達成した探査機となりました。  2月22日は、午前7時29分10秒(日本時間)、小惑星リュウグウの表面に「はやぶさ2」のサンプラーホーンの先端が触れ…

続きを読む

この宇宙の片隅に(12)

2019年3月12日(火)

【米国の有人飛行に新時代──「クルードラゴン」宇宙船がISSから帰還】  日本が「はやぶさ2」のサンプル採取に沸いているころ、海外でも大きなニュースが舞い込んでいます。その代表格は、米国のベンチャー企業、スペースX社が開発した新しい有人宇宙船「クルードラゴン」(図1)が、3月2日にフロリダを飛び立ち、国際宇宙ステーション(ISS)にドッキングした後、3月8日にISSから分離し、地球に帰還したこと…

続きを読む

ページトップ