この宇宙の片隅に―館長による宇宙コラム―

2018年12月の記事

人類初の月周回飛行への旅立ち──アポロ8号の軌跡

2018年12月25日(火)

 1968年12月20日、人類初の月周回飛行に臨む3人の飛行士の宿舎を、その41年前に大西洋横断単独無着陸飛行をなしとげたチャールズ・リンドバーグが訪れました。フランク・ボーマン、ジム・ラヴェル、ビル・アンダーズ(図1)──アポロ8号のクルーは、少年時代の憧れのヒーロー及びその妻アンと、同じテーブルを囲んで、食事をしながら楽しい会話を存分に楽しみました。 [caption id…

続きを読む

この宇宙の片隅に(3)

2018年12月19日(水)

【はやぶさ2】  合の運用を粛々とやっていますが、このたび、9月に「はやぶさ2」から分離してピョンピョン跳ねながらリュウグウの表面を観測した可愛いローバー2機(図1)に愛称がつけられました。 [caption id="attachment_27898" align="alignleft" width="300"] 図1 ミネルバⅡ-1A(左)とミネルバⅡ-1B(右)[/captio…

続きを読む

この宇宙の片隅に(2)

2018年12月10日(月)

【「はやぶさ2」のいま】  前にも書いたように、地球から見て小惑星リュウグウがちょうど太陽の向こうに見える位置にやってくる「合」(2018年11月下旬から1ヵ月あまり)の時は、当然「はやぶさ2」も「合」の位置にあるので、太陽が邪魔になり、きちんと「はやぶさ2」と交信できません。  でも、「はやぶさ2」チームは欲が深く、テストを兼ねた通信試験や、地球の大気を通り抜ける時に太陽からの電波が受ける影…

続きを読む

この宇宙の片隅に

2018年12月5日(水)

【オシリス・レックスが小惑星到着──米国もサンプルリターン】  今週は、地球から見ると、リュウグウと太陽の方向がほとんど一致するので、「はやぶさ2」との交信はほとんどできなくなります。ということは、しばらくは、「野次馬」はお休みということになりますね。  さて、ちょうどその時期に合わせているわけではありませんが、アメリカの小惑星サンプルリターン機「オシリス・レックス」(図1)が、12月4日、目…

続きを読む

ページトップ