この宇宙の片隅に―館長による宇宙コラム―

2018年8月の記事

「はやぶさ2」のいま(1)

2018年8月29日(水)

 2010年6月13日に、日本の小さな探査機「はやぶさ」がオーストラリアの夜空に姿を現しました(図1)。大気圏突入の前にカプセルを分離していたので、それも一緒に濃い大気に入ってきた(図2)のですが、探査機の本体はやがて高熱と高圧でバラバラに壊れていき、耐熱の装備をしていたカプセルだけが地上で回収されました。中から45億数千万年前の物質からなる微粒子がたくさん見つかって、私たちの太陽系についての研究…

続きを読む

ページトップ